フォト

超合金魂D.C.シリーズ

イーブックジャパンにて配信中の著書(電子書籍)

« Xボンバー REMASTER DVD-BOX | トップページ | マジンガー親衛隊 »

2012/12/03

マジンガーZ 40周年記念 水木一郎 All of Mazinger Live

今日、12月3日は、テレビまんが「マジンガーZ」の放送開始40周年記念日です。
そして、昨晩はアニキこと、水木一郎さんのマジンガーライブが渋谷で開催されました。

その様子は、今朝のワイドショーなどで映像が紹介されましたので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、このライブのオープニングタイトル…
水木さんがホバーパイルダーに乗ってパイルダーオンするという"コラボアニメ"の作画を担当させていただきましたので、ご招待いただいて観覧させていただきました。

もともとは、このライブのために、10年以上前の水木さんのライブで使用した1/1ホバーパイルダーを捜索していたのですが、残念ながら発見には至らず…
しかし、そこからの逆転の発想で、じゃあアニメで水木さんをパイルダーに乗せちゃおうという東映ビデオ様の発案に、ダイナミックさん、東映アニメさんのご協力もあって、実現した企画でした。

僕としては、こういう事ができないかとのご相談をいただいた際には、二つ返事でお引き受けしたのですが、後になって事の重大さに気付き…
大切な水木さんのマジンガー40周年ライブの冒頭で滑ったらどうしようとか…
似顔絵なんて描いたことないぞとか…

水木さんのお写真を前に、描いては悩み、悩んでは描きなおす日々…
似顔絵はその方の特徴をディフォルメしてこそ成立するものですが、やりすぎるとギャグタッチになってしまってマジンガー世界とは違和感が出てしまいます。
また、水木さんが指を突き出すポーズは、通常右手でされるのですが、映像の流れが上手~下手になっているので、右手だと向きが逆になっちゃうよなぁと迷った末…
調べたら左手でポーズをとられることもおありのようでしたので、左手でポーズをつけさせていただいた次第です。
作業的には、MAZINGER THE MOVIE BDのブリッジ映像と同じく、今回もセルフ動画&彩色でした(笑)。

そして、なんとか形にして納品を済ませた後も、本当に大丈夫なのかと不安で不安で…
ご招待のご連絡をいただいた時にも、怖くて行くのを躊躇ったくらいでした。

東映ビデオ様の、リハーサルでスタッフの皆さんにウケていましたから大丈夫ですよというお言葉を信じ…
当日、腹を括って出かけてきた次第です。

本当にありがたいことに…
サプライズ演出だったこともあり、アニメが流れた瞬間のお客様のどよめきと笑い声を聞いたときにはホッといたしました。
そして、水木さんもトークで「40年経って、やっと兜甲児からパイルダーを奪ったゼーット!」といじってくださり…
水木さんは、大ベテラン、大スターなのに本当に細かな気配りをされる方で、打ち上げの際にご挨拶した時にも、ハグまでしてくださいました。
ゲストでいらっしゃっていた永井豪先生と、水木さんとの3ショットで撮っていたただいた写真は家宝にします。。。(´;ω;`)

ライブ中のステージ中央には、僕の描いたマジンガーZのロールスクリーン…
その絵をバックに水木さんとゲストの堀江美都子さんがオールマジンガーソングを熱唱される光景…
たぶん、僕はあの会場で他のみなさんとはまた別の感慨に浸っていたのだと思います。
本当に、申し訳ないくらい至福の3時間でした。

こういう機会を与えてくださり、それを楽しんでくださった全ての皆さんと…
そして、水木一郎さんに心から感謝いたします。

« Xボンバー REMASTER DVD-BOX | トップページ | マジンガー親衛隊 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。